インプラント治療に関するQ&A

インプラント治療Q&A

Q

インプラントはどのくらいもちますか?

A

患者さんのお口の衛生状態がよければ、10年以上、患者さんによっては20年、30年も何の問題も無く使用されているケースもあります。

Q

インプラント治療には年齢の制限がありますか?

A

年齢的に顎の骨の発育が完成する20歳前後から可能です。年齢の上限はありません。ご高齢の方でも全身に重大な疾患がなければ可能です。

Q

インプラント治療に副作用はありますか?

A

インプラントはチタンで出来ています。また、チタン表面をハイドロキシアパタイトで被覆したものもあります。チタンは生体親和性が高く、身体には無害な材料と言われています。チタンに対するアレルギーは報告されていませんし、深刻な副作用の報告もありません。ハイドロキシアパタイトに関しては医科の領域においても骨の代替材料として長い歴史をもっている信頼性の高い材料です。

Q

治療期間中は歯がないままですか?

A

インプラントの埋入手術の後、1〜2週間は傷口を守るために、入れ歯はお使いいただけませんが、その後は、入れ歯を使用することができます。

Q

インプラント治療の良いところは?

A

インプラントは固定式ですので、入れ歯のように取り外す必要がありません。また、入れ歯ですと天然歯の30%位しか噛むことが出来ませんが、インプラントでは80%位の機能回復が出来ます。また、インプラントは自立式ですので、ブリッジのように健全な両隣の歯を削る必要もありません。

Q

インプラント治療の留意すべき点は?

A

インプラント治療は、健康保険が適用されず、自由診療です。また治療期間を考慮する必要があります。

Q

ヘビースモーカ−ですがタバコを吸う人はインプラントができないと聞きました。本当ですか。

A

喫煙者だからといって、インプラントが出来ないというわけではありません。しかし、喫煙が血管収縮、血流阻害、白血球の機能障害などを引き起こしインプラント治療に悪影響を及ぼすことは良く知られており、一般的には少なくともインプラント手術の前後2週間は禁煙することが望ましいとされています。一度、歯科医師にご相談下さい。