安心してインプラント治療を受けるために

interview topimage
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回

患者さんが安心して歯科インプラント治療を受けるためのポイントについて、東京医科歯科大学歯学部付属病院インプラント外来教授の春日井昇平先生にお聞きしました。

インプラント治療は、どんな方に適しているのでしょうか?

インプラント治療は基本的には歯がない方が考えられる治療です。入れ歯のために噛みにくいとかしゃべりにくいとか、あるいはみっともないとか思ってらっしゃる方はインプラント治療を考えた方がよいかと思います。 インプラントを埋めるための手術が必要になりますから、例えば健康状態が悪い患者さん、血圧が高い方や心臓に問題がある患者さんは手術を受ける事が難しくなります。それと糖尿病などの代謝性疾患がコントロールされていない患者さんは治療の結果が悪い、という事が言われています。また、疾患のためステロイド剤や骨粗しょう症の治療薬を服用している患者さんも注意が必要で、必ずしもインプラント治療が適しているとは言えない患者さんもいらっしゃいます。

大きな画面で動画を見る

インプラント治療の、流れと期間について教えてください。

インプラント治療には4段階あります。

  1. 検査、診断、治療計画
  2. 健康状態の確認をし、歯周病、虫歯の治療などを行い、インプラント治療に適した状態に改善する

  3. インプラント埋入手術(埋め込み)
  4. 義歯のための治療
  5. メインテナンス

インプラント治療は期間がかかる事に問題があり、健康状態などの条件が良好な場合でも治療が終わるまで約3ヶ月かかります。また、条件が悪く、例えば骨が足らないため足すという手術を行ったりすると約1年ほどかかる場合もあり、症例によって治療期間が異なるといった事があります。治療が終了したからといってそれで終わりという事ではなく、その後の経過を見ていく必要があります。治療を受けた歯科医院で、定期的に検診を受ける事が長期良好な状態のために必要になります。それを我々はメインテナンスと呼んでいますが、3ヶ月から半年に1回くらいのペースで患者さんによって異なりますが、フォローアップをしていくという事が非常に重要になります。

大きな画面で動画を見る

インプラント治療の、メリットについて教えてください。

インプラントには2つのメリットがあります。第1にインプラントが骨と結合し義歯が安定するので、しっかりと噛む事ができるようになるという事。第2に残っている歯に対して負担が少なくする事ができるという事です。例えばブリッジの場合は、歯がない部分の両隣の歯を削ってブリッジを作らなければならない。また取り外しの入れ歯の場合は、入れ歯を安定させるために残っている歯に義歯を安定させるための装置を付けなければならず、残っている歯にとても負担がかかってしまいます。

大きな画面で動画を見る

インプラント治療の、治療費用について教えてください。

インプラント治療は保険が適用できませんので、一般的な歯科治療に比べるとやはり費用が高くなります。

<インプラント治療の内訳>

  • インプラントに関する費用(手術費用、材料費)
  • 義歯に関する費用(作成費、治療費)
  • 診療手数料など

これらが重なって治療費が決まるため、現状では歯科医院によって治療費が異なります。

大きな画面で動画を見る

インプラント治療の、治療後について教えてください。

インプラント治療が終了しても長期良好な状態を保つために、メインテナンスという患者さん自身による口腔ケアと定期的な歯科医院での検診が必要になります。 「歯周炎」というものがありますが、インプラントの場合も「インプラント周囲炎」という病気がありまして、インプラントの周囲の組織が破壊されていくという状態になる事があります。それを防ぐためには患者さん自身によるケアがとても重要になりますし、歯科医院に定期的に通い、インプラント治療を受けられた部位をチェックしてもらうという事も重要になります。

大きな画面で動画を見る

インプラント治療を行う際の、歯科医院の選び方について教えてください。

インプラントはインプラントを埋めるための手術が伴いますので、患者さんの健康状態をしっかりと確認してくれる歯科医院や、何か薬を飲んでいるとか治療を受けている場合に、その担当医に問い合わせをしてくれるような歯科医院・歯科医師を選ぶ事が重要だと思います。そしてインプラントのメリットだけでなく、問題点やリスクについてもしっかり説明してくれる事、また治療期間や費用を丁寧に説明してくれる歯科医院を選ぶ事が重要だと思います。

大きな画面で動画を見る

すべて再生