日本歯科インプラント器材協議会とは

日本歯科インプラント器材協議会は、歯科インプラント医療の発展と向上に貢献することを目的とする日本国内の歯科インプラント及び関連器材販売企業 20 社で構成されております。
歯科インプラント が 世界で初めて患者さんに応用されてから既に50年以上経過し、現在では歯を失った患者さんにとって有効な治療法として欧米やアジアをはじめ世界各国で認められるようになりました。
私共、日本歯科インプラント器材協議会は、インプラント及びその関連器材の安全性を最優先に考え、関連法令を遵守(コンプライアンス)しつつ、患者さんへの理解促進に努め患者さんの健康回復のお役に立てるよう業者団体活動を通じて貢献して参ります。

日本歯科インプラント器材協議会

  • ●会長/田岡隆玖
  • ●副会長/廣瀬英一
  • ●副会長/黒田和彦
  • ●専務理事/奥田航也
  • ●渉外担当理事/林 利行
  • ●会計担当理事/竹本英史
  • ●監事/山浦元裕
  • ●相談役/原 英達

入会の基準

以下の4条件を全て満たしていること

  • ・当協議会の趣旨に賛同いただける企業
  • ・日本国内で歯科インプラント並びにその関連器材を製造、輸入、販売している企業
  • ・日本歯科材料工業協同組合、日本歯科器械工業協同組合または日本歯科用品輸入協会のいずれかに加盟している企業
  • ・日本歯科インプラント器材協議会会員会社2社(うち1社は役員企業とする)の推薦があり、かつ役員会の承認が得られた企業