日本インプラント器材協議会の10周年祝賀会の様子です。

日本歯科インプラント器材協議会 10周年祝賀会が開催されました

 

2012年6月22日(金)、ホテルニューオータニ(東京都)において、日本歯科インプラント器材協議会10周年祝賀会が開催されました。2002年の設立当時は10社でスタートした当協議会ですが、日本におけるインプラント治療の普及にともない、歯科インプラントおよび関連器材販売企業の20社もの加盟で構成されております。

会場風景

黒田会長は挨拶のなかで、日本経済の低迷や昨年の東日本大震災の影響、また昨今のインプラントトラブルに関する報道について触れ、「加盟各社が協力し、つぎの20周年に向けてさらなる成長が遂げられるように皆さんと一緒に努力してまいりたい」と述べました。

会場風景       会場風景

当祝賀会の開催に先立ち講演を行った高江慎一氏(厚生労働省医療機器審査管理室室長補佐)のほか、山中通三氏(社団法人日本歯科商工協会会長)、高橋勝美氏(日本歯科材料工業協同組合理事長)によるご挨拶もいただきました。
 歯科インプラントおよび関連器材販売企業の担当者が一堂に会し、インプラント治療の黎明期から最新のインプラント治療に関する話題に至るまで、情報交換する様子も見られ、にぎわいを見せていました。